著者名
タイトル 出版社 値段 ページ数
心に残った言葉 コメント
2005.9.17



青池保子
「『エロイカより愛をこめて』の創りかた」
マガジンハウス \1500 255ページ
2005.2.17発行



しっかり楽しませてもらいました。んで、思わず20巻以降を読んでしまいました。ええ、ぎっくりやっちゃって動くに動けなかったので、その間に。重い本=単行本も持てなかったしね。 「赤の広場に立つ少佐」に感動。世界がどう変わろうと少佐は少佐だわ♪ クリスマス島の巻では、画面には登場しなかった日本人調査団一行を思ってにまついてました。一粒で二度美味しい♪
実は私は青池保子のデビュー作「さよならナネット」から読んでる(知ってるでなくて)のですが(^_^;)、絵自体は変わってないのですよ。確かに上手になりリアルになってきてるけどレベル的には段違いだけど、並べて比べてみれば多分ああと分かる。きちんとというか真面目な線で手を抜くことなく描いてる。つまり自分の絵を変えた訳じゃなく、自分の持ち味を深く追求してレベルアップしていったわけです。こういう行き方もあると言うこと。そして、こういう行き方を許す程度には少女漫画界が太っ腹だったことを喜びたいですね。
少し前『少女まんがの系譜』(二上洋二 ぺんぎん書房 \2500 2005.6.1発行)を読んでたので特に思いましたね。
なお9/16には『エロイカ』の32巻が発売されるそうですよ〜連休の楽しみが増えましたね〜 はい、発売されましたよ(^_^;)
・ウケ線を狙ったあざとい仕掛けには敏感で、まんまと大ヒットすると支持層の志向性を分析する。これもよけいなお世話。思う壺が見え透いた作品が嫌いなだけなのだ。
・「スランプ」という言葉は、まだ未来のある若い人に使用する限定用語であって、年長者には仕事のたびに、にじり寄ってくるお友達のようなものではなかろうか。「スランプ」さんが傍にいて当たり前。焦って追っ払うよりは、共に手を取って友情を深めるしかないのだろう。まあ、ほどほどに仲良くやりましょうや、と。
2005.3.28



吾妻ひでお

『失踪日記』

イースト・プレス 199ページ \1197
2005.3.8発行


しばらく作品見ないと思ったら、吾妻先生―― 自殺未遂、路上生活、肉体労働、アルコール中毒、強制入院… およそ悲惨の限りを経験してたんですね。
あのかわいい絵柄で淡々と綴られる日記はかなりすごくてずしっ。失踪編もですが、アルコール中毒編はもっとうっ。実話だと思うとさらに… でも、作品なんです。現実をもとにしてるけど、ひょうひょうと描かれる日々は内容からしたらそりゃすごいはずなんですが、たんたんと過ぎていきます。これだけドツボな内容をすらっと読ませるのはすごい!ご本人もつらかっただろうけど、家族も大変だったろうなぁ。でも吾妻先生、お願いですからもう失踪しないでマンガ描いてくださいよ。読みたいようと待ってる人間は多いんだから。
キャッチ・コピー「全部実話です(笑)」の「(笑)」がなんとも言えない(^_^;)
アシスタントでもある、吾妻氏の奥様が一番すごい人かも。
………………………………………………………………
日曜のA新聞書評欄に、『失踪日記』が取り上げられてました。やっぱ皆さん、複雑な心境なんだなぁ。そして「たけくまメモ」にイースト・プレスが初版部数を読み違えたためか、せっかくアマゾンで9位になったのに在庫切れ」とあって、トホホ。この間の悪さもなぁ(^_^;) でも先週末には大増刷かけてアマゾンにも入ったらしい\(^o^)/ 良かったら買ってね。皆さま。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/03/post_6.html
2005.3.28



きたみりゅうじ

『SEのフシギな生態』

技術評論社 254ページ \1480 
2000.5.25発行

これがきたみさんの処女作〜 これで最新刊以外、全冊制覇したぞー いやーおもしろかった。んでもって、真面目に‘仕事’を考えてしまいました。うん、私はそりゃ今の仕事イヤじゃないしやりがいもあると思うのだけど。でも正直言って退職が近い人間に任せる仕事じゃないと思うのよね。こういうのは若い人を鍛えて次に繋いでいくもんじゃないのかなぁ。若手は研修で忙しいなんて空しいレポート書かせてないでさぁ
これってSEの方限定はもったいないなぁ。どんな職種にも通ずるものがあるのですよ。一つ一つのエピソードは笑ってられるようなことじゃないんだけど、その描き方や切り取り方がね。ふっと我が身をふり返らせるのよ。
・会社の利益となるよう頑張ることが、常に自分の利益になるとは限らない。場合によってはあえて失敗することが、自分の利益となることもあるのである。
・「そこは順調に進んでるから 新人同様のNくんにやらせるんだとか…」
「ダカラ ダレがそーやって 問題でないよーにしてるんダと…」
・要求定義という工程には相手の要求を理解するというだけではなく、その裏に「相手のしたいことを気付かせてあげる」という本当の目的が隠されているのです。

ふっふっふ〜『図解でよくわかるネットワークの重要用語解説』も届いたぞ〜今夜はこれでお楽しみじゃ♪ いや、マジに勉強しなくちゃいかんのですよ。でないと来年以降の仕事に差し支えそうで。上… マジで全ての業務をネットワーク化&ウェブ利用にするつもりらしいですよ。よろよろ〜 専門家を入れてくれええーでなきゃせめて分かるレベルからの(ここ、重要!)講習をきちんとやってくれえーー こんなの本業の片手間にするようなもんじゃないよぅーー


きたみりゅうじ

『パソコンマナーの掟』
今さらヒトには聞けない「べからず!」集

翔泳社 196ページ \1380
2004.8.6発行




初心者にもわかりやすく脱初心者には懐かしい本。でもこの手の本を読んでくれるようなら、もう初心者じゃないかも。この方のマンガはSE関連の本で読んではいたのですが、あまりにタイムリーなタイトルにつられて手に取り、汽車待ちの時間に即読了。笑えたー身につまされたーーここに上がってくる掟を(せめて六割りでも)守ってくれたら…私の仕事ももっと楽になるんですけどねぇ。特に、ここ!ああ、200ポイントのフォントを四倍角にしてプリンタの傍に貼っておきたい。あと、デジカメ写真をA4サイズに一枚ずつ30枚も40枚も印刷するのも!するなとは言わんから、時間を考えてやってくれぇ。
・中にはあれですね。「わからないから放置して、誰かが直してくれるのを待ってよう」なんて逃げちゃう方もおりますね。気持ちはわからないでもないですが、せめて直せる人に報告するぐらいの責任感は求めたいところです。/そもそも自分が共有施設を「すぐに使える」ということは、誰かが「使えるように後始末してくれている」ということです。共有施設は私物化することなく、ちゃんと次に使う人のことを考えて、「すぐに使える」よう後始末を心がけましょう。
・そもそも降りてくる仕事が多すぎるのです。そのため、たとえそれが簡単な仕事であったとしても、単に議事録の清書と言うだけの仕事でも、やらなきゃいけないリストから項目が一つ消えるというのは、とても気持ち的な面で助けになることでした。

昨年の記録は、こちらです。

このページの壁紙とアイコンは、「アレックスのしっぽ」様から、いただきました。

ホームへ

inserted by FC2 system